認証から認可に転園するとギャップがすごい!「認証ショック」の内容は?

認証保育園から認可保育園に転園が決まると、それはつまり「保活の終わり」を意味します。やっと保育園の悩みから解放される、とホッと一息…。のはずだったのに、認可保育園に一週間ほど通ってみると、あまりの認証保育園とのギャップに、戸惑いを隠せない人が多いのではないでしょうか。これは「認証ショック(私が勝手に名付けた)」というもの。私も長男が初めて認可保育園に転園した時には、しばらく認証ショックにハマりました。しかし、あとで知れば「認可ならどこでもそういうもの」ということは沢山あります。「ハズレの保育園に来たんじゃないか…」と疑心暗鬼に陥る前に、おそらく認可保育園に共通する雰囲気について知っておきましょう。

スポンサーリンク

実は、認証保育園は手厚い

認可>認証、は間違い!

認証保育園は、どうしても認可の滑り止め、セカンド的な扱いなので、認可保育園に入ったことがない人の多くは、すべての面で認可保育園のほうが優れていると思いがちです。ですが、認証から認可への転園を2回経験した私が思うに、認可保育園が認証保育園よりも確実に優れていると言い切れる点は「面積」、「設備」、「就学前までいられる安心」だけです。もちろんほかの点で認可が悪いわけではなく、保育園の基準としては認可が普通なのだと思います。それだけ、認証保育園のサービスというのは満足度が高い場合が多いのです。

認可=福祉施設、認証=サービス業と心得よ

正確には「保育園」はすべて児童福祉施設です。しかし、認証保育園は自社で集客をしなくてはいけないので、基本の保育に加えて、かなり「サービス業」に寄る保育内容を提供している園が多いと思います。とくに①保護者の負担を減らすものや、②保護者との毎日のコミュニケーション、③リトミック、英語、体育などのオリジナル教育カリキュラムには力を入れているところが多いのではないでしょうか。③はともかく、①と②は目に見えないものなので、それが当たり前になっていると認証ショックに確実にハマります。認可保育園と認証保育園はまったく別物だと理解しましょう。

☆関連記事☆

東京で保活をしていると「認可」やら「認証」やら…。違いがよくわからない人も多いのではないでしょうか。基準は何となく理解できても在園生活がどう違うのかまではイマイチイメージしにくいと思います。そこで認証保育園2園、認可保育園2園に在園した経験...

認証ショックの代表例3つ

ここからは、実際にほぼ9割の人が感じる認証ショックの内容を具体的にお伝えします。

①自分でやることがいっぱい

「え?これ自分でやるの?」「認証では先生がしてくれたのに…」最初はそんなモヤモヤが止まらないことでしょう。「玄関で子供と荷物を渡すだけ」など、サービス性の強い認証にいた人ほど、このギャップはかなりのものがあるはずです。基本的に認可保育園では「自分の子供のことは自分で」が鉄則です。保育園・先生がやってくれるという考えはこれを機会に切り替えておいたほうが良いでしょう。

②保育士さんの対応が淡泊

「なんか先生がそっけない…」「お迎えの時に今日の様子を何も教えてくれない」。これもほぼ全員が思うことではないでしょうか。もちろん先生たちに悪気があるわけでも、自分だけがなにも教えてもらえないわけでもなく、認可保育園では、認証保育園のように毎日子供の様子をこと細かに教えてもらえたり、先生と毎日密に話したりということはありません。

認可保育園の先生達は「超アッサリ」です。笑

朝は業務連絡のみ、帰りは特筆すべきことがなければ先生からの声掛けは無いものと思っておいた方が良いです。ただし、聞かない限りはなにもありませんが、聞けば教えてもらえるはずですよ。さらに、3歳児になる時に転園した場合、同時に連絡帳もなくなるのでその日の様子がなにもわからず不安になると思いますが、これは乳児から幼児になり、就学準備の一環だととらえてみてはいかがでしょうか。(…なんて言ってる私も当時はかなり戸惑いましたけどね…笑)

スポンサーリンク

③融通が利かない

ちょっとした変更や当日の急な延長など、電話一本や口頭でも快く対応してくれた認証保育園に比べて、認可保育園はとにかく融通が利きません。少しの変更でも、書類を書いて区役所に通さないといけない場合も多いです。(所属の保育園に提出すれば区役所に出してくれます) ですが、これも認可保育園=区の管理下なので、こういうものだと割り切りましょう。

まとめ

今回は認証保育園から認可保育園への転園で感じるギャップについてのお話でしたが、どうやら私立認可保育園から公立認可保育園でも同じように感じる人もいるようです。また、これを知ってしまうと「ずっと認証にいようかな…」と思う人もいるでしょう。しかし、それをやってしまうとおそらく小学校に入った時に感じるギャップは、認証ショックの比じゃないように思います。笑 せっかく認可に移れる機会があったのですから、「小学校ショック(笑)」へのワンクッションのつもりで、いろんなことを切り替えるきっかけにしてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク
この記事はお役に立ちましたか?
いいね!クリックで
応援よろしくお願いします☆
スポンサーリンク

シェアしてもらえると嬉しいです☆

フォローする